ひきこもりとゲーム課金、おこづかい

12月11日(土)10時〜13時@なは市民活動支援センター会議室1
参加:14名:家族(親)8名、当事者2名、兄弟1名、支援関係者3名
【プログラム】
開会あいさつ
傾聴トレーニング
那覇市アンケート
対話交流会
【事務連絡】
KHJ全国大会アーカイブ放送について
斎藤環先生スライド共有(全国大会)
ピアサポ活動報告
zoom接続テスト
閉会あいさつ

私たちKHJ沖縄てぃんさぐぬ花の会は12月11日(土)10時から13時までの3時間、定例会を開催することができました。
とても久しぶりに80名収容できる大きな会場を押さえることができました。
さて、先日のKHJ全国大会にひきこもり当事者代表として仲間であるたいきさんが登壇しました。このときの様子をみんなで鑑賞し活躍を喜びました。彼は年明けに福岡でひきこもりシンポジウムに出演します。どんどん成長していきますね。
そして今回は日本臨床心理士協会沖縄支部から心理士さんがサポートとして参加されました。会からのお願いとして傾聴の研修をしていただきました。対話交流会では会員同士のお話の端々に専門家としてのアドバイスをしていただき、いつもよりも引き締まった会合となりました。

対話交流

  • 当事者:発達障害があります。処方薬をきちんと飲むようになった。母とお金の話をするとき、よく僕がかんしゃくをおこしてうまく行かなかったけど、今回はきちんとお話することができた。母も自分の変化に気づいてくれた。とても嬉しい気持ちです。年明け福岡で開催されるひきこもりシンポジウムに当事者代表として出演します。がんばります。
  • 家族:東京で自立訓練中の息子が沖縄に帰省している。訓練終了後につながる予定のグループホームの支援機関の方と会いました。前進しています。
    家族:ピアサポの研修と今日の傾聴研修であらためで気づいたこと、自分の感情を意識することの大切さ。自分の状態を意識することはめったに無いですが、意識することでコミュニケーションに自制が生まれる。とても効果的だと思います。外の世界をあれだけ恐れていた息子が、訓練を通して「人は優しいね」といってくれた。この変化がとても嬉しい。
  • 家族:コロナ休校からひきこもっている息子。最近部屋から笑い声が聞こえたり、カーテンを明けたりするなど変化が見られた。休学手続きをどうしようか悩んでいる。
    ←手続きには期限があるので、期限をしっかり示して、本人がどうしたいか手紙にして伝える手がある。あくまで本人の選択を優先する形を守ることが大事。あとあと「家族が勝手に決めた」と避難されることもあるので。
  • 家族:子どもは2ヶ月前くらいから調子を落としてひきこもっている。定例会や大橋さんのイベントなどがあって私の心はどうにか安定しています。
  • 家族:父の私に対して子どもは相変わらずの無視を続けている。今日のお話にあったように挨拶を継続していく。父として逃げません。
  • 家族:最近外にでた息子。ひきこもっていた反動で毎日楽しく外出している。親として心配は尽きないが見守っていきたい。
  • 家族:息子はよく政治の話をする。私としてはよく話を聴いていると思うが、「でも…」とうっかり切り返すと会話がうまく続かなくなる。傾聴を学び続けたい。先日大橋さんに息子の部屋が散らかっていることについて、発達障害の可能性が大いにあると言われた。納得した。同時に息子の責任ではないとわかったら気が楽になった。安心した息子に雰囲気が伝わったのか、穏やかにしている。
    息子は自分が熱中しているゲームについて延々とお話をする。1時間もお話を聴くと限界を感じていて困っている。これは傾聴スキルの限界でしょうか。
    ←20分など、お話を聴く時間を設けるといい。疲れたら「疲れているからあと何分」「また今度ゆっくり聴くね」とはっきり伝えるなど方法はあるのでは。
  • 家族:子どもがゲームに熱中している。お小遣いについて、課金することがわかっていてお小遣いを渡すのはどうなのかと疑問に思う。お小遣いの大切さは以前お話されていました。どう考えればいいでしょうか。
    ←子どもにとって唯一の世界であり、唯一の楽しみだから課金することがわかっていてもお小遣いは渡してほしい。ゲーム応援するスタンスもある。限度を決めることが大事ではないか。
    ←お金の制限は大切。ルールを決めておき、ルールを守れなくなったときのことも話ししておくことも大事。「もっとほしい」への対応を決めてくことが大切です。ゲーム依存については樋口進先生が参考になります
  • 当事者:今日は傾聴のお話を聴くことができた。改めて、私の家族には傾聴がなかったんだと思うと同時に、現在家族のみなさんが傾聴を学んでいる様子に私自身が癒されている。
  • きょうだい:先日の大橋さんのイベントは本当にいいタイミングでした。弟のひきこもりを当然のこととして、そして波風立てぬように家族として接してきて20年近く過ぎた。近くにいながら傾聴していなかったと反省した。

次回定例会は1月15日(土)10時〜13時
なは市民活動支援センター2階会議室1(80名収容)です。

初めての参加を希望される方は事前にご連絡ください。
お問い合わせフォーム、もしくはお電話にてお願いします。