沖縄はとても暖かくなりました。年度の変わり目です。卒業や進級、進学、就職のお話が溢れていますね。新生活。。ひきこもりの方にはとても辛い時期です。あまり自分を責めずに、大きすぎる課題を自分に課すことなく、穏やかな気持ちでいてほしいですね。
2月の家族会は沖縄県の緊急事態宣言発令を受けて中止となりました。3月家族会は1月以来ほぼ2ヶ月ぶりの会合となりました。みなさんそれぞれにお話したいことがあるようで、全体の対話交流はほどほどに、個別の交流が中心となった会となりました。
全体で白熱した話題は「ひきこもりの子どもに友達とあってほしいがどう思いますか」というものでした。当家族会で過去にも話題となったテーマです。今回は前回よりも踏み込んだ意見が出ました。ページ下「話題」ボックスを参照ください。みなさんはどう思いますか。

令和3年3月13日(土)13:00〜16:00
なは市民活動支援センター2階会議室3
参加者 家族15名 元当事者2名

1. 開会あいさつ
2. 理念読み合わせ
3. チェックイン

– ひきこもりトピックス
1. 震災とひきこもり
2. 書籍「世界のひきこもり」紹介
3. OSDよりそいネットワークのyoutube動画紹介
4. 東京で集中訓練プログラム
5. たびだち冬号の紹介
– 自己紹介と今のお気持ち確認

4. 対話交流;テーマ自由

話題

  • 家族:私(母)と息子の確執はまだ続いているが、それでも鬼滅の刃を一緒に観ることができて嬉しいです。
  • 家族:気難しい長男。居間のテレビを専有するので息子の部屋にもテレビを設置することを提案していた。頑なに断っていた。弟と相談して、いざ設置してみたらとても嬉しかったようで、珍しく「ありがとう」と感謝の言葉を発してくれた。この言葉を聞けただけでうれしい。
  • 家族:学齢期の息子。親しかった友達が会いに来るが、本人は拒否している。会わせるべきでしょうか?
    1. ←幼少期に母と確執があった私としては、本人の納得がなければいけないと思う。私自身も親に先回りされて嫌な思いをした。
      ←誰かの助けが必要かもしれないが、まずは親子で向き合うことが大事。子供の気持ちを吐き出させる「吐き出し」は我が家では有効でした。ただ心身ともにヘトヘトになります。
      ←気にかけてくれる友人の存在を伝えておくことは大事ではないか。誰にも気にされないということはとても辛い。いつかありがたいと感じてくれるかも。
      ←来てくれる友達と親の関係を良好に保っておくことも大事。今すぐではなくても、いつかくるチャンスをつなげておく。
  • 家族:子どもは石鹸や香料、泡などが苦手。感覚が過敏なので受療の機会を伺っているが、肝心なお話になると子供に逃げられる。
  • 家族:息子に家族会へ行くねと言ったら「昨今のいじめ問題についていろいろ訴えてほしい」と頼まれました。
  • 元当事者:新年早々体調を崩して入院したら、両親の心無い言葉に傷ついた。またか、と思ったががんばります。甥の成長がかわいい。にくかった妹も母親になってからは私に優しくなった。
  • 家族:息子の希望で自立に向けた施設を見学してきました。朝の散歩も継続しています。息子の対応でやるせない気持ちになったときに、会のグループラインに心が救われています。
  • 家族:息子が学び直しのために週2回の塾通いを続けてくれている。ニトリで高級椅子を買って組み立てました。楽しいですね。

4月定例会は4月3日(土)13時〜16時@なは市民活動支援センター2階会議室3を予定しています。
初めて参加を希望される方はお問い合わせフォームからご一報くださると嬉しいです。