ブログ

ひきこもりの子どもにフェアに向き合いたい。ひきこもりに悩む家族が集い、気持ちを和らげ、ともに明日を目指します。毎月第一土曜日のお昼に定例会を開催。勉強会や食事会などの企画もあります。

Tsunakan Okinawa

対話の力で、何かの変化を起こす種を育むイベント

今ひきこもっている人、かつてひきこもっていた人、ひきこもりの家族の人、ひきこもり問題に関心がある人、立場を問わず様々な人が対話を通して「気づき」を共有する交流会が那覇市で開催されます。

ひきこもり つながる・かんがえる対話交流会in沖縄

KHJ本部(東京)の元ひきこもりの方と沖縄支部の元ひきこもりの方がファシリテーターです。彼らと様々なテーマについて自由に対話して気づきを得るためのイベントです。

KHJ本部のある東京は元ひきこもりの方の当事者会活動が盛んで、彼らが彼らなりに生きていくための道を模索しています。沖縄では元ひきこもりの方が家族との軋轢や生きづらさをかかえながらKHJ沖縄支部家族会と交流する中で、自身が自分らしく生きていくための道を模索しています。

ひきこもりの関係者というスタートラインに立ち、彼らと一緒に対話することで”何かの変化を起こす種”を育みましょう。

ひきこもり つながる・かんがえる対話交流会in沖縄

●対象者:ひきこもりのこと、多様な生き方に関心がある方。つながりをつくる環境作りを継続していきたい方。ひきこもる本人、経験者、家族、支援者、関心のある一般の方などお立場は問いません。
●日 程:1月27日(日)13:30~16:30
●申込締切:定員に達し次第
●定 員:50名(先着順)※入退場自由・当日参加歓迎
●会 場:沖縄県総合福祉センター 403研修室(那覇市首里石嶺町4丁目373-1)
●参加費:1000円(ひきこもり当事者・経験者:無料)
●申込方法:事前に申し込みいただける方は、下記項目をご記入のうえ、KHJ本部事務局までメールかFAXでお申し込み下さい。①氏名・ふりがな ②住所 ③連絡の取れる電話番号 ④メールアドレス ⑤お立場※当事者・経験者は無料  ⑥参加理由
●申し込みフォーム:こちらのフォームからお申し込みください(推奨)
●E-mail:taiwa@khj-h.com
●FAX:03-5944-5290
●チラシダウンロード:つな・かん対話交流会in沖縄.pdf
●お問合せ:特定非営利活動法人 KHJ全国ひきこもり家族会連合会 電話:03-5944-5250(月~金 10:00~19:00)