このプログラムは2017年度ファイザープログラム心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援事業の助成を受けてNPO法人ウヤギー沖縄が実施いたします。

ひきこもりの長期・高年齢化と社会参加への道を探る

NPO法人ウヤギー沖縄は、農家の方々の協力を得て有機農法による農産物の生産、加工、販売を通して、環境保護、地域活性化、ニート・ひきこもり等の仕事につきにくい若者の自立支援を行う、2009年設立の非営利団体です。てぃんさぐぬ花の会はコーヒー園援農隊プロジェクトで大変お世話になっています。

今回は援農隊プロジェクトの一環として、ひきこもり問題を精力的に取材されているジャーナリスト池上正樹さんをお招きして、引きこもり問題の現場のお話、高齢化するひきこもりのお話などを中心に講演会を開催されます。

もちろん、てぃんさぐぬ花の会としては力いっぱい協力させていただき、新しい気付きとつながりを得られれば幸いです。
みなさま是非ご参加ください。

ひきこもりの長期・高年齢化と社会参加への道を探る



[info_box]

日 時:平成30年6月16日(土)午後2時~5時
場 所:那覇市銘苅2-3-1なは市民活動支援センター会議室
定 員:60名
参加費:一般・当事者家族500円 当事者(本人)無料

第1部 講演会「ひきこもりの8050問題とは」
講師:池上正樹氏:通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリスト。YAHOO!ニュース個人オーサー。テレビ、ラジオにも多数出演。著書:ひきこもる女性たち(ベスト新書)、大人のひきこもり(講談社現代新書)、ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護(ポプラ新書)など多数。

第2部 シンポジウム「ひきこもり問題のこれから」
池上 正樹 氏:ジャーナリスト
近藤 正隆 氏:NPO法人ウヤギー沖縄理事長
NPO法人全国ひきこもり家族会連合会副理事長
平良 玲奈 氏:全国ひきこもり家族会連合会沖縄支部
てぃんさぐぬ花の会代表・ピアサポーター
稲垣 暁 氏:子どもの居場所kukulu・社会福祉士。NPO法人ちゅらゆい

参加申込
参加ご希望の方は6月15日(金)までに下記にお願いします。
主催及び問い合わせ先:NPO法人ウヤギー沖縄 http://www.uyagi-oki.org
那覇市銘苅2-3-1 なは市民活動支援センター内 ℡080-4090-4388
E-mail : kondo@jyda.jp 近藤正隆

[/info_box]