平成28年度も最後の月となりました。沖縄の桜のシーズンは終りを迎え、さわやかな陽気に若草が元気に顔をだしています。子どもの良い変化を見逃さずに、若草のように育みたいですね。さて、3月定例会は3月4日(土)13時~16時、場所はなは市民活動支援センター研修室にて実施しました。今回は6名が参加しました。

[fancy_header3 variation=”orange”]トピック[/fancy_header3]

元当事者からのメール

2月にてぃんさぐぬ花の会のフェイスブックに1通のメールがとどきました。もと当事者でひきこもり新聞に関わっているという方から、沖縄の会の様子を見学したいとのこと。ひきこもり新聞は今年に入って直ぐに定例会で話題が上がり「購読しよう!」と決まりましたね。
なんてタイムリー!
どうやって受け入れようか?元当事者のナマの話を聴く絶好のチャンス。みんなが参加しやすい日にスケジュールを合わせることができるか?お茶会形式にするか、イベント形式にするか、質問の数を一人いくつと決めたほうがいいかetc急に賑やかになりました。が、残念ながらタイミング悪くお会い出来ないことに。
ただ、こういう機会が今後あれば是非訪問を受け入れて、お話を聞いてみたいとメンバーの気持ちが一つになりました。余裕があるときは講師として迎え、謝金で交通費の足しにしてくれたらいいね~とも。ま、今は余裕がありませんが。。
全国のひきこもりのみなさん、元当事者のみなさん、遠く離れた沖縄にぶらりと旅行はいかがでしょうか?沖縄支部のメンバーは精一杯おもてなしをしますよ。

スケジュール変更のお話し

4月から第一土曜日を定例会と勉強会を合わせて実施することになりました。時間は13時から16時と1時間延長します。第3土曜日をボランティアやサークル活動、遠足やお茶会など家族会会員の交流イベントの時間にしたいからです。もちろんどのタイミングで参加されても途中退席されてもOKです。なお4月のイベント企画は未定で、4月1日(土)の4月定例会・勉強会にてお知らせします。

[fancy_header3 variation=”orange”]勉強会[/fancy_header3]

3月7日(水)に沖縄県ひきこもり専門支援センターにてひきこもり支援者向けの研修があります。境泉洋先生による「CRAFTによるひきこもりの家族支援」
CRAFTとはアメリカで理論化された依存症の治療プログラムで、ひきこもりの家族支援に応用するための研修ですね。家族支援を通してひきこもり本人に治療や相談の必要を促すという内容。てぃんさぐぬ花の会からは相談員が一人参加するので事前学習を含めてKHJの「ひきこもりピアサポーター研修」ビデオから、境先生がCRAFTについて公演している部分を観賞しました。

次回は4月1日(土)定例会と勉強会で13時〜16時です。場所はいつもと同じなは市民活動支援センター2階です。
参加を希望される方は事前にご連絡ください。
(ここをクリックしてお問い合わせページへ)