長期ひきこもりについて初の実態調査開始。KHJ本部が厚生労働省の助成を受けて実施する調査がニュースとして取り上げられました。ニュースはこちらをクリック。リンクは日経新聞社のページ。

ひきこもりの実態について、これまで様々な調査研究がなされてきましたが、10年以上のひきこもりの方で40歳をこえる事例に焦点を当てて実施する調査は初めてとのことです。

家族会に参加して、いろいろ事情があって長期に渡ってお休みされている方もいらっしゃいます。また、ひきこもり本人の声を聴くことは容易ではありません。しかし、たくさんの声をあつめて、たくさんの方が知恵をしぼり、今後の指針となることができれば素晴らしいですよね。

じっくりと確実に声を集めるために、沖縄支部てぃんさぐぬ花の会も調査に協力していきます。