理念 てぃんさぐぬ花の会


当会の定例会で毎回確認する理念です。毎回気持ちをリセットし、考え方の方向性を確認しています。

  • 私たち家族は、本人がドアを開けて出てくるには、一番身近な家族が本人のよき理解者となり、よき支援者となることが必要だと考えます。
  • 私たち家族は、ひきこもりの問題をよりよく理解し、本人の気持ちを深く理解できるようになるために会を運営します。
  • 私たち家族は、ひきこもりの問題で疲れてしまった気持ちや不幸な気持ちを和らげ、家族自身が元気になるために集います。
  • 私たち家族は、他に苦しんでいる家族にも心を傾け、元気になるようなサポートを行います。
  • 私たち家族は、本人が安心してひきこもることができる環境をつくり、本人が主体的に安心して旅立つ環境をつくります。
  • 私たち家族は、家族会の目的に賛同し、会の運営が円滑に行われるように協力していきます。
  • 私たち家族は、引きこもっている子どもの権利を最大限尊重し、フェアに向き合い、決して頭ごなしに否定をしません。